教育・研究内容

地域家庭医療学講座の教育活動の柱

  1. 医学生・多職種学生への地域医療・家庭医療教育、学習の支援
  2. 総合診療・家庭医療における診療・教育・研究に携わる医師・医療スタッフの育成・支援
  3. 地域におけるプライマリ・ケア研究の実施および推進
  4. かかりつけの家庭医をもつこと・健康づくりに関する地域における啓発活動

地域医療・家庭医療実習

 医学生は大学の選択実習として、家庭医の診療する医療機関で実習を行うことができます。現在、下記の医療機関において、学生実習に協力をしていただいています。

  • 菊川市家庭医療センター(静岡県菊川市)
  • 森町家庭医療クリニック/公立森町病院(静岡県周智郡森町)
  • 御前崎市家庭医療センター・しろわクリニック(静岡県御前崎市)
  • トータルファミリーケア北西医院(静岡県富士市)
  • ミシガン大学家庭医療学講座(米国ミシガン州アナーバー)

総合診療専門医養成活動

 静岡県内で地域医療に従事する総合診療専門医(家庭医)を育成する専門研修プログラムの運営・支援を行っています。静岡家庭医養成プログラム(Shizuoka Family Medicine Training Program:SFM www.shizuoka-fm.org )は、磐田市、菊川市、森町、御前崎市の3市1町からなる静岡家庭医養成連絡協議会によって運営されており、平成22年度に開始して以来、多くの修了生(日本プライマリ・ケア連合学会家庭医療専門医)を輩出してきました。平成30年度からは日本専門医機構の認定する総合診療研修プログラム(浜松医科大学医学部附属病院総合診療研修プログラム)として継続します。

ミシガン大学家庭医療学講座との連携

SMARTER-FMプロジェクトとして、ミシガン大学と連携して教育・研究活動を行っています。